PR
ゴルフニュース

タイガー・ウッズ、全米オープン初日14 ホールを終えて3 オーバー! 見えてきた課題と希望

現地時間6月15日に開幕した全米オープン。タイガー・ウッズは初日、14 ホールを終えて3 オーバー。

上々のスタートも… ワイヤーグラスに苦戦

序盤はバーディ発進と、期待を抱かせる立ち上がりを見せたタイガー(Tiger Woods)。しかし、その後はショットの精度を欠き、ボギーが先行する苦しい展開に。

特に、フェアウェイを外した後のリカバリーに苦戦する場面が目立ちました。パインハーストNo.2コースのグリーン周りは、ワイヤーグラスと呼ばれる硬い芝生に覆われており、少しでもミスをするとスコアを落とす危険があります。

ショートゲームで粘りを見せるも… パッティングに課題

それでも、要所では持ち前のショートゲームでパーセーブを続け、大崩れは回避。後半にはバーディを奪うなど、意地も見せました。

巻き返しなるか!? 2日目以降のタイガーに注目

2日目以降、タイガーがスコアを伸ばしていくためには、やはりショットの精度がカギとなりそう。特に、ワイヤーグラスの脅威を避けるため、フェアウェイキープ率を高めることが重要です。

タイガー自身も「明日以降はもっと良いプレーを見せたい」と、巻き返しを誓っています。

ゴルフ場1人予約コンペ予約海外予約キャンペーン練習場レッスンラウンドレッスンショートコースアプリ競技ゴルフ用品

タイトルとURLをコピーしました