PR
ゴルフコラム

一瞬の夢: カナダOPでギャラリーがプロのキャディに!

先日開催されたRBCカナディアンオープンで、なんとギャラリーがプロゴルファーのキャディを務めるという、映画のような出来事が起こりました!

Fan steps in to caddie for pro golfer after bagman injured in fall at Canadian Open | CNN
Soaking up the thrilling climax of the RBC Canadian Open, Paul Emerson weaved his way through the crowds to get a good v...

ことの始まりはキャディの転倒事故

主人公は、地元オンタリオ州に住む弁護士、ポール・エマーソンさん。熱心なゴルフファンである彼は、最終ラウンドで台湾のC.T. パン選手の組について歩いていました。

ところが3番フェアウェイで、パン選手のキャディ、マイク・コーワン氏が転倒し負傷。歩行困難なコーワン氏をパン選手が支え、次のティグラウンドへ向かう途中、赤いマスターズTシャツを着たエマーソンさんが「何か手伝いましょうか?」と申し出たのです。

ギャラリーが緊急登板!

こうしてエマーソンさんは、パン選手とシェーン・ローリー選手(アイルランド)の組について歩き始めます。ローリー選手のキャディ、ダン・レイノルズ氏にクラブを渡され、握手を交わしたエマーソンさん。その心臓は、きっとバクバクだったことでしょう。

驚くべきことに、パン選手はエマーソンさんがキャディを務めた最初のホールでバーディ!「ナイスキャディ!」の声がグリーンに響き渡りました。

続くホールでも、エマーソンさんは「グリーンには上がらないで」というパン選手の唯一の指示を守り、冷静に任務を遂行。周囲のギャラリーやテレビカメラマンの視線も、ものともしなかったようです。

夢の時間は2ホールで終了…

結局エマーソンさんは、交代要員が到着するまでの2ホールだけキャディを務めました。「本当は最後までやりたかった」と語るエマーソンさん。彼にとって、まさに夢のような2ホールだったに違いありません。

優勝は父親をキャディにしたマッキンタイア

ちなみに、今年のカナディアンオープンは、この他にも心温まるエピソードがありました。

優勝したロバート・マッキンタイア選手(スコットランド)は、なんと父親のドウギーさんをキャディに起用。ドウギーさんはゴルフ場のヘッドグリーンキーパーで、キャディ経験はゼロ。それでも息子のために海を渡り、二人三脚で見事優勝を掴み取ったのです。

奇跡と感動のカナディアンオープン

プロの試合で起こった、奇跡のような感動ストーリー。ゴルフファンならずとも、心が熱くなる出来事でしたね!

ゴルフ場1人予約コンペ予約海外予約キャンペーン練習場レッスンラウンドレッスンショートコースアプリ競技ゴルフ用品

タイトルとURLをコピーしました