PR
ゴルフ上達

もう悩まない!パッティングの距離感を劇的に向上させる3つの感覚練習法

パッティングの距離感を劇的に向上させる3つの感覚練習法

「今日もまた、3パット地獄だった…」

あなたは、こんな風にパッティングに悩んでいませんか?

ゴルフにおいて、スコアメイクの鍵を握るのがパッティング。
「パットイズマネー」と言われるように、パッティングが上手くいけばスコアは劇的に良くなります。

しかし、初心者のうちはもちろん、上級者であってもパッティングの距離感に悩まされることは少なくありません。

「ショートだけは避けたい!」と強く打ちすぎてしまったり、「距離が全然足りない!」と次のパットでオーバーしてしまったり…。

そんな経験、あなたにもきっとあるはずです。

この記事では、スコアの壁にブチ当たる原因にもなりうる「パッティングの距離感」に焦点を当て、誰でもすぐに実践できる3つの感覚練習法をご紹介します。

もう、距離感が掴めずにグリーン上で無駄な時間を過ごすのは終わりにしましょう!

この記事で紹介する練習法を実践すれば、感覚的にパットの距離感が掴めるようになり、自信を持ってパットを打てるようになります。

ぜひ、最後まで読んで、あなたのゴルフライフに役立ててください。

なぜ、パッティングの距離感は安定しないのか?

パッティングの距離感を劇的に向上させる3つの感覚練習法

そもそも、なぜパッティングの距離感を掴むのが難しいのでしょうか?

その理由は、主に以下の3つが考えられます。

  1. グリーンの傾斜や芝目を読むのが難しい
    • 同じグリーン上でも、場所によって傾斜や芝目が異なるため、ボールの転がり方が変わってきます。
       
  2. 距離感が掴みにくい
    • 特にロングパットの場合、目標までの距離を正確に把握することが難しく、距離感が安定しません。
       
  3. 緊張しやすい
    • 特にショートパットの場合、プレッシャーから力んでしまったり、スムーズなストロークができなくなってしまいがちです。
       

これらの要素が複雑に絡み合い、パッティングの距離感を狂わせる原因となっています。

体感重視!距離感を劇的に向上させる3つの感覚練習法

パッティングの距離感を劇的に向上させる3つの感覚練習法

では、どのようにすればパッティングの距離感を安定させることができるのでしょうか?

そこで重要になるのが、「感覚」です。

頭で考えすぎず、体で距離感を覚えることで、どんな状況下でも安定したパッティングが可能になります。

今回は、「体感」を重視した、すぐに実践できる3つの練習法をご紹介します。

1. 目をつむってパッティング練習!「距離感リセットドリル」

グリーン上での距離感をリセットし、感覚を研ぎ澄ますための練習法です。

【練習方法】

  1. まずは、平らな場所を選び、1mほどの距離でボールをセットします。
  2. 目を開けた状態で、目標に向かって数回パッティングを行い、距離感を掴みます。
  3. 次に、目をつむり、先ほどと同じようにパッティングを行います。
  4. この時、大切なのは**「ボールの転がる音」「ストロークの感覚」**に集中することです。
  5. 10球程度打ったら、目を開けて結果を確認します。
  6. この動作を、距離を変えながら繰り返します。(例:2m、3m、5m)

【期待できる効果】

  • 目をつむることで、視覚以外の感覚を研ぎ澄ますことができます。
  • ボールがカップに入る音や、インパクトの感覚を意識することで、距離感に対する感度が高まります。

2. 歩く距離で体感!「歩測パッティング」

グリーン上を歩くことで、実際に打つ距離を体感的に把握するための練習法です。

【練習方法】

  1. ボールをセットしたら、目標までの距離を実際に歩いてみます。
  2. この時、歩幅ではなく、「自分が何歩で目標に到達するか」をカウントします。
  3. 例えば、「10歩で到達する」ということが分かれば、次はその歩数と傾斜を考慮してパッティングを行います。
  4. 最初は、歩数と距離の関係を掴むことに集中し、慣れてきたら傾斜や芝目も加味して歩測してみましょう。

【期待できる効果】

  • 距離を歩数でカウントすることで、感覚的に距離感を掴むことができます。
  • グリーンの傾斜や芝目を実際に歩くことで、より正確な情報を得ることができます。

3. 3つのボールで距離感マスター!「階段式パッティング」

異なる距離からパッティングを行うことで、段階的に距離感を調整する練習法です。

パッティングの距離感を劇的に向上させる3つの感覚練習法

【練習方法】

  1. 同じ方向に向かって、異なる距離(例:1m、3m、5m)に3つのボールをセットします。
  2. まずは、一番近い距離(1m)のボールをパッティングします。
  3. 次に、中間距離(3m)のボールをパッティングします。この時、先ほどのパットよりも強く打つ必要があることを意識します。
  4. 最後に、一番遠い距離(5m)のボールをパッティングします。
  5. このように、短い距離から順番にパッティングを行うことで、自然と距離感を調整することができます。

【期待できる効果】

  • 段階的に距離を伸ばしていくことで、距離感の違いを体感的に理解することができます。
  • 各距離でのストロークの強弱を意識することで、距離感のコントロール能力を高めることができます。

まとめ|感覚を磨いて、自信を持ってパットを決めよう!

今回は、パッティングの距離感を向上させるための3つの感覚練習法をご紹介しました。

これらの練習法は、どれも特別な道具を必要とせず、すぐに実践できるものばかりです。

大切なのは、「頭で考えすぎずに、体で距離感を覚えること」です。

ご紹介した練習法を参考に、ぜひあなたに合った方法でパッティングの練習に取り組んでみてください。

パッティングの距離感が安定すれば、スコアは劇的に変わります。

自信を持ってパットを決められるようになり、ゴルフがもっと楽しくなるはずです!

ゴルフ場1人予約コンペ予約海外予約キャンペーン練習場レッスンラウンドレッスンショートコースアプリ競技ゴルフ用品

タイトルとURLをコピーしました