PR
ゴルフニュース

ついに国内男子ゴルフでも短パン解禁!選手の熱中症対策とパフォーマンス向上に期待!

国内男子ゴルフでも短パン解禁!

日本のゴルフファンのみなさん、こんにちは!

最近、暑さでゴルフのラウンドも一苦労…なんて方も多いのではないでしょうか?

そんな中、熱いニュースが飛び込んできました!なんと、8月8日に開幕する横浜ミナトチャンピオンシップで、国内男子ツアーの本戦では初めてショートパンツの着用が認められることが発表されました!

Rakuten GORA で使える予約クーポンプレゼント

熱中症対策が後押し、選手の要望も実現へ

男子プロゴルフ│熱中症対策が後押し、選手の要望も実現へ

これまで、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の規定では、長ズボン着用が義務付けられていました。しかし、近年の温暖化による気温上昇や、選手の熱中症対策の観点から、今回の決定に至ったようです。

実際に、欧州ツアーやLIVゴルフではすでに短パン着用が解禁されており、日本でも練習ラウンドなどでは認められるケースが増えていました。今回の決定は、選手からの要望が実現した形とも言えるでしょう。

パフォーマンス向上への期待も

男子プロゴルフ│パフォーマンス向上への期待も

大会アンバサダーを務める丸山茂樹プロも、「ショートパンツは涼しい。心地よくプレーできる。その気持ちがスコアに影響すると思いますよ」とコメント。暑さによる体への負担を軽減することで、選手のさらなるパフォーマンス向上も期待されます。

また、コースセッティングアドバイザーの細川和彦プロも「選手としては1ストロークくらい良くなると思います」と、今回の決定を歓迎しています。

ファンも選手も快適に!新たな時代の幕開け

今回の決定は、選手だけでなく、観戦するファンにとっても嬉しいニュースではないでしょうか。涼しげなウェアに身を包んだ選手たちのプレーは、きっと夏にぴったりのゴルフ観戦を演出してくれるはずです。

横浜ミナトチャンピオンシップを皮切りに、8月22日から開催されるSansan KBCオーガスタでも短パン着用が検討されているとのこと。

これを機に、国内男子ゴルフ界にも新たな風が吹き込み、これまで以上に白熱した試合が繰り広げられることに期待が高まります!

タイトルとURLをコピーしました