PR
ゴルフコラムゴルフニュース

もう楽天ポイントは使えない!?ふるさと納税のルール改正でゴルファーはどうなる?

ふるさと納税のルール改正でゴルファーはどうなる?

2025年10月からふるさと納税のルールが改正され、ポイント付与する仲介サイトからの寄付募集が禁止されることになりました。

仲介サイトは楽天ふるさと納税、さとふる、ふるさとチョイス、ふるなびの大手4社で9割以上のシェアを占めるそうです。

楽天市場ユーザーでゴルフ好きのあなたも、この改正による影響が気になっているのではないでしょうか?

今回は、楽天ふるさと納税 でゴルフ関連の返礼品を選んでいたゴルファーに向けて、今回の改正で何がどう変わるのか、そして今後どのようにふるさと納税を活用していけば良いのかを解説していきます。

楽天ポイント目当ての寄付はもうできない!?

【ふるさと納税】楽天ポイント目当ての寄付はもうできない!?

これまで、楽天ふるさと納税 はポイント還元率の高さが魅力の一つでした。ゴルフ場のプレー料金割引券やゴルフクラブセット、最新のゴルフウェアなど、魅力的な返礼品をポイント還元も受けながらゲットできる、まさに一石二鳥の制度として多くのゴルファーに利用されてきました。

しかし、今回のルール改正により、こうしたポイント還元を目的としたふるさと納税の利用はできなくなります。ポイント還元を期待して寄付先を決めていたゴルファーにとっては、大きな変更点と言えるでしょう。

でも大丈夫!ゴルフ関連の返礼品はなくならない

「ポイントがもらえなくなるなら、もうゴルフ関連の返礼品はなくなってしまうの?」と不安に感じる人もいるかもしれません。しかし、ご安心ください!ふるさと納税制度自体がなくなるわけではないため、ゴルフ関連の返礼品が全てなくなるわけではありません。

ゴルフ場のプレー券や宿泊券、ゴルフ練習施設の利用券など、これまで通り魅力的な返礼品を提供する自治体は多く存在します。ポイント還元はなくなりますが、返礼品の内容をよく吟味して寄付先を選ぶようにしましょう。

これからは“本当に応援したい地域”への寄付を

【ふるさと納税】これからは“本当に応援したい地域”への寄付を

今回のルール改正は、過度なポイント還元競争に歯止めをかけ、ふるさと納税本来の目的である「地域への貢献」に立ち返るためのものです。

ゴルフ好きのあなたなら、これまで楽しませてもらったゴルフ場がある地域や、これから行ってみたいゴルフリゾートがある地域の活性化に貢献したいと思いませんか?

ゴルフ場の芝生管理や若手ゴルファーの育成など、ゴルフ振興に力を入れている自治体を探して寄付することも良いでしょう。返礼品だけでなく、寄付金の使い道にも目を向けることで、より深く地域貢献に参加することができます。

まとめ|ポイント還元から地域貢献へ

【ふるさと納税】ポイント還元から地域貢献へ

今回のルール改正によって、ふるさと納税を利用する際の意識を変える必要が出てきました。しかし、ゴルフ好きにとって魅力的な制度であることに変わりはありません。

ポイント還元だけに囚われず、本当に応援したい地域へ寄付をする、そしてその地域から魅力的なゴルフ関連の返礼品を受け取る。

そんなふるさと納税の新しい形を、この機会に考えてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました