PR
ゴルフ上達

飛距離アップ!ゴルフボールを強く打つための5つの極意

nana
nana

ドライバーショットをもっと遠くへ飛ばしたい、アイアンショットでピンを狙う精度を上げたい…そんな風に願うゴルファーの方は多いのではないでしょうか。飛距離を伸ばすことはスコアメイクに直結し、ゴルフをより一層楽しむための大切なポイントとなります。

そこで、このブログ記事では、飛距離アップを目指す皆さんへ、5つのヒントをお届けします。これらのヒントを実践することで、スコアアップはもちろん、より充実したゴルフライフを送れること間違いなしですよ♪

体の柔軟性を高める

nana
nana

ゴルフスイングは、一見静かに見えるかもしれませんが、実は全身運動であり、体の柔軟性が非常に重要です。特に、肩甲骨や股関節周りの柔軟性を高めることで、スイングアークが大きくなり、ヘッドスピードを上げることができます。

【ストレッチ】※打つより前に大事なこと!超効くゴルフストレッチ☆井上莉花が練習前に必ずやるゴルフ上達ストレッチを紹介しております!皆様も実行してみてください!

柔軟性を高めるための最も効果的な方法は、ストレッチです。ラウンド前や練習前には、入念にストレッチを行いましょう。特に、肩甲骨や股関節周りのストレッチは重点的に行うと良いでしょう。

  • 肩甲骨周りのストレッチ:両腕を前に伸ばし、手のひらを合わせて背中側に引くストレッチや、腕をクロスさせて胸の前で抱え込むストレッチなどがあります。
     
  • 股関節周りのストレッチ:足を前後に開き、前の膝を曲げて後ろの足のふくらはぎを伸ばすストレッチや、両足を大きく開いて座り、上体を前に倒すストレッチなどがあります。

ストレッチは、反動をつけずにゆっくりと行うことが大切です。また、痛みを感じるまで無理に伸ばすことは避けましょう。

正しいグリップを身につける

nana
nana

グリップはスイングの土台となる部分であり、飛距離に大きな影響を与えます。グリップが正しくない場合、スイングが安定せず、パワーを効率的にボールに伝えることができません。

【レッスン】正しいグリップの握り方・超基本編!上達の近道はグリップから。

グリップには、オーバーラッピンググリップ、インターロッキンググリップ、テンフィンガーグリップなどの種類がありますが、自分に合ったグリップを見つけることが大切です。一般的には、オーバーラッピンググリップやインターロッキンググリップが、手の小さな日本人に向いていると言われています。

グリップを握る強さも重要です。強く握りすぎるとスイングが硬くなり、ヘッドスピードが上がりません。逆に弱すぎるとヘッドが走らず、ボールに力が伝わりません。グリッププレッシャーは、1から10の段階で表すと、5〜6程度が適切と言われています。

体重移動を意識する

nana
nana

ゴルフスイングでは、体重移動が非常に重要です。体重移動がスムーズに行われないと、パワーを効率的にボールに伝えることができず、飛距離をロスしてしまいます。

最大効率スイングは体重移動なくして語れない。効率を上げて美スイングにもなる体重移動を解説!

バックスイングでは右足に体重を乗せ、ダウンスイングでは左足に体重を移動させることで、効率的にパワーをボールに伝えることができます。体重移動をスムーズに行うためには、下半身の動きが重要です。特に、股関節を意識してスイングすることで、スムーズな体重移動が可能になります。

  • バックスイング:右股関節に体重を乗せながら、上体を捻転させます。
     
  • ダウンスイング:左股関節に体重を移動させながら、クラブを振り下ろします。

体重移動を意識することで、ヘッドスピードが上がり、飛距離を伸ばすことができます。

スイングプレーンを安定させる

nana
nana

スイングプレーンとは、クラブヘッドが動く軌道のことを指します。スイングプレーンが安定していないと、ボールを芯で捉えることができず、飛距離をロスしてしまいます。

8割の人が間違っている、本当に正しいスイングプレーンとその習得法☆

スイングプレーンを安定させるためには、スイング軌道を意識することが大切です。素振りなどで、正しいスイング軌道を体に覚え込ませましょう。

  • インサイドアウト:クラブを体の内側から外側に向かって振る軌道。ドローボールが打ちやすくなります。
     
  • アウトサイドイン:クラブを体の外側から内側に向かって振る軌道。フェードボールが打ちやすくなります。

自分に合ったスイングプレーンを見つけることが、飛距離アップにつながります。

クラブヘッドを走らせる

nana
nana

ゴルフスイングでは、クラブヘッドを走らせることが重要です。ヘッドスピードが速いほど、ボール初速が上がり、飛距離を伸ばすことができます。

クラブシャフトがしなる!ヘッドが走る!飛ぶスイングを身につける☆

ヘッドスピードを上げるためには、体の回転スピードを上げることが大切です。特に、下半身の回転スピードを上げることが重要で、股関節を意識してスイングすることで、体の回転スピードを上げることができます。

また、クラブのリリースを意識することも重要です。リリースとは、ダウンスイングでコックを解放し、クラブヘッドを走らせる動作のことです。リリースが遅れると、ヘッドスピードが上がりません。

まとめ

nana
nana

以上、ゴルフボールを強く打つための5つの極意を紹介しました。これらのヒントを実践することで、飛距離アップにつながるでしょう。しかし、ゴルフは非常に奥が深いスポーツであり、飛距離を伸ばすためには、練習や経験も必要です。諦めずに練習を続け、理想のゴルフスイングを手に入れてください♪

参考資料・動画

おすすめ書籍

タイトルとURLをコピーしました